エコ

Plastic Free July!

2011年西オーストラリアで始まり、いまでは150カ国に参加者がいる Plastic Free July! という運動は、今年も7月に入りスタートを切りました。

ロンドンでは、カフェやレストランで7月中はプラスチックのストローではなく紙ストローを提供するところや、全く一切提供しないところもチラホラ見かけます。そんなプラスチックフリーの運動に、私も参加しています。

実際どんなことが私たちに出来るのか?

1. プラスチック容器に入った野菜や果物でなく、量り売りしているものや、再利用できるバックなどに入れて購入できるものを選ぶ

2. 買い物へ行く際には、ビニール袋を店舗で貰うのではなく、持参のエコバッグや買い物バスケットを使用しよう

3. プラスチック製ボトルに入った掃除用プロダクトやシャンプー・トリートメントなどを買わずに、
バルク(量り売り)しているところに容器持参で行ったり、再利用の紙で作ったボトルに入った掃除用を選ぼう

4. マイマグやマイコップを持参してコーヒーショップに行き、そこに入れてもらう。または店側がマグカップやグラスなどで提供できるように、店内で飲もう

5. プラスチックのサランラップを使用するのではなく、タッパーなどで調理した食品を保存しよう

とても小さなことですが、一人ひとりが心がけることで、世界規模で考えれば大きな結果に変わります。
上記で挙げた5つ以外にも、できることは限りなくあるはず。是非、一緒に7月だけでもトライしてみませんか?

ABOUT ME
Suzuki Satoka
ロンドンを拠点に、オーガニック・ナチュラルプロダクトの食品や化粧品を中心にネゴシエーター・フリーランスライターとしてプロジェクトベースに活動をしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください